浦安ジュニア車イステニスクラブ公式サイト

ごあいさつ

初めまして、当サイトに訪れてくださり誠にありがとうございます。
クラブの代表をさせて頂いております坂口と申します。

私には息子がおりますが、その息子が2才の時に不条理な交通事故にて、その後の人生を全て車いすで生活をすることとなりました。

息子は、それまでは健常なお子さんと同じように公園を走り回ったり、サッカーを一緒にやったりと大変活発な子供でしたので、私は例え障がいがあってもこれまで通り一緒にスポーツを楽しんで行こうと考えておりました。

そんな息子が小学校にあがる頃に興味を持ったスポーツがテニスでした。そこで近所のテニスクラブを訪れて入会をしようとした時に、【車いすだから...】という理由で断られました。最初は、どこか受け入れてくれる所があるはずと思っておりましたが、探せど探せど受け入れてくれるクラブは見つかりませんでした。

途方にくれるなか、思いついた事が【受け入れてくれる所が無いのだったら作るしか無い!】です。
そしてクラブを2009年に立ち上げました。
当初は2名のレッスン生から始め、現在では15名前後の車いすテニスプレーヤーと健常なプレーヤーの20名前後の子供達がおります。

私は、スポーツを楽しむのに障がい児も健常児も無いと考えております。
今は中々お互いに交流が難しい環境でも、一緒にレッスンを行ったり、日常を共にすることでお互いに歩み寄れると思っております。
そして、いつの日か車いすテニス選手とテニス選手が普通にダブルスを組んだり試合をしたりする日が来ると願っております。

そして何より障がいがあっても夢を持ってスポーツに打ち込める環境造りを目指し、車いすテニスの普及と育成に力を入れていきたいと思います。

Movie

スポンサー

Top